推しと推しの中の人の話

推しの中の人は売れない声優だ。
売れない、というかド新人だ。もとはまあまあ大きい事務所にいたのに、イザコザでもあったのか他の声優と共に退所してしまった。
推しは2次元のキャラクターである。もともとcvがついていなかった。アイドル系コンテンツのくせに声が実装されていないキャラクターがいる不思議な作品である。ある年、推しはゲーム内の投票イベントで上位を取り、曲と声帯を勝ち取った。私は微課金勢だが、毎年数十万推しに捧げる猛者もいる。結果発表の際、私ですら緊張で具合が悪くなったのだから、猛者たちの喜びは計り知れない。
ここまではよかった。推しに初めてcvがついたとき、軽く炎上した。声優があまりに下手だったからである。元アイドルらしいが何者なのかよくわからない中の人。10代前半の歌の動画は怖くて観ることができない。声合ってる、合ってない、まだ若い子をボロクソ言うのかわいそう、いやプロ名乗る以上は文句言われても仕方ないだろ。罵詈雑言と推しが良い反応をもらえない悲しみが飛び交い、タイムラインは大荒れした。
そりゃあ、稼ぐにはライブイベントが重要なコンテンツなのだから、スケジュールの取れないベテランじゃなくて新人だろうなとは思ってたけど!数年大金注いで待ってた人もいるのだ。あんまりだろ!と恋人に愚痴りまくった。タイムラインは荒らさなかったが恋人にとってはいい迷惑だったと思う。
まあ、本人の実力もあるだろうが、運営側のディレクションも良くなかったのだ。と消費者でしかないオタクは思う。
時間が経つと演技に慣れてきたようだった。実力なんて本人が一番わかっているだろう。自分だったら耐えられないだろうし、年齢関係なくすごい人だ。
ただ、フリーになってしまいちょっと心配している。若干業界に関わったことがあるので、フリーの声優さんの大変さは身に染みているのだ。未だに大きな役は推ししかない。あとはよくわからんアプリのキャラかYouTubeに出ているくらいか。
若いのでこれからなんでもできるだろうが、廃業されると推しに影響が出るから困るなあ……と思う自分勝手なオタクであった。